きめ細かい肌に変貌|洗顔で毛穴は消える!

ウーマン

初期だからこそしっかりと

ウーマン

ニキビを引き起こす要因は生活習慣など日常生活に多く含まれます。早めの対処が必要ですが、怠ると取り返しがつかなくなるので危険です。赤みを帯びたニキビ跡に効く化粧品には、抗炎症作用や、肌のターンオーバーを促進させる効果があります。また、浸透力が強く、予防効果のあるものがおすすめです。

Read More

化粧品の選び方

女性と化粧品

商品売り場のスタッフに診断を行ってもらうことによって、乾燥肌か敏感肌かを調べることができます。敏感肌の場合には、頻繁に保湿することを心がけましょう。そうすれば、肌が持っている水分を逃さずに済むのです。

Read More

キメの細かな肌を作る

顔を洗うレディ

弱酸性で優しく洗う

毛穴の開きが気になる時には洗顔を見直す必要があります。皮脂の分泌は体調面によって左右されることもありますが、皮膚の状態が上手くコントロールできずに増えてしまうこともあります。刺激が強くて洗った後に肌が突っ張るような洗顔剤は一見すると毛穴まで綺麗になったように思えますが、必要な皮脂を奪うことでかえって皮脂の分泌量を増やしますのでおすすめできません。おすすめは弱酸性のタイプで洗うことであり、洗った後でも突っ張るような感覚を感じることはありません。あまりにも汚れが酷い時には弱アルカリ性で洗う方法もありますが、あくまでも一時的な処置であり、毎日使用する場合には肌の弱い人でも利用できる弱酸性の方が安心です。

泡の力を利用

弱酸性の洗顔剤は肌に優しいので必要な皮脂を残して洗うことができます。ですから、洗顔によって皮脂分泌量を増やすようなことはありません。ただし、そのまま洗うだけでは毛穴に入り込んだ汚れや皮脂までは落とすことができませんので、泡の力を利用することになります。泡洗顔を行う場合、いつも使用している洗顔剤をそのまま利用することも可能です。泡立てネットを利用すれば泡タイプでなくても泡洗顔が行えます。コツはキメの細かな泡を作ることであり、肌の上につけたら力を入れずに弧を描くようにくるくるとマッサージします。泡は力を入れなくても毛穴の奥深くに潜り込んだ汚れや皮脂を吸着してくれますので、肌に負担をかけずに綺麗にできます。

乾燥肌のための美容法

化粧水

保湿ケアで大切なことには、化粧品をたっぷり使うことが挙げられます。乳液やクリームを使えば油分を補うことができますが、潤いをキープするためには化粧水を使うことが大切になるのです。

Read More